笑うと歯茎が出るという方について

笑うと歯茎が出てしまうという人は意外と多く存在しており、ガミースマイルとも言われています。通常はきちんと歯茎がしまわれており人の目につくことはありませんが笑うと必要以上に歯茎が見えることから、見た目の恥ずかしに悩んでいる人や改善したいと思っている人も多いです。また笑うと歯茎が出ることで、笑顔が嫌になるという人もいるほど実は精神面で深刻なダメージを負う人もいます。このように歯茎が出てしまう事で悩んでいる方が多いのがガミースマイルといわれる状態ですが、実は歯茎が出てしまう原因にはいくつか種類があり、そのタイプ別に対策を検討する必要があると言われています。そのため改善するためにはまず自分がどのタイプに当てはまるのかきちんと分析し、治療方法を選ぶ必要があります。

歯並びや骨格が原因で起こる方の場合

歯茎が出る原因の1番は骨格と歯が原因で引き起こされるものだと言われています。日本人は上顎の口周りの骨が出っ張っているためそれに伴い歯茎も長くなる傾向にあります。そのため、元々ガミースマイルになりやすいと言われています。加えて歯並びも重要でアジア人の顎は欧米人に比べて小さいことが多く、歯の大きさも小さくなりがちです。そのため、歯が下の方に生えてくるためその分歯茎が長く見えてしまう事から笑った際などに歯茎が見えやすい状態になってしまうと言われています。このような症状が原因の場合は矯正歯科を受けることで改善される場合が多いです。通常、このタイプの方で症状が重度でなければ矯正歯科によって、歯の位置を正しくすることで大まかに症状が改善されることが多く、基本的に整形手術などは不要です。

歯茎が原因でガミースマイルになる方

次は骨や歯ではなくそもそも歯茎が原因で起こるケースについてご説明します。歯茎が発達しすぎてしまった場合や、歯に歯茎がかぶっている場合歯茎が通常よりも人目に付きやすい状態になります。歯茎が原因となっている場合は、歯が普通の位置から生えていたとしても歯茎が深く覆いかぶさっているため、歯茎が出て見えるのです。この症状で歯茎がでている方の場合は歯列矯正で改善することは難しく、整形手術が必要になります。整形手術では粘膜切除法や歯茎部切除法といった歯肉整形による治療を行います。この手術では歯茎をカットしたり歯茎周りの粘膜を切除することで人目に見える部分の歯茎の量を減らす手術になります。もちろん整形手術になりますので骨や歯だけが原因となっている方より負担が大きくなりがちです。

安心して施術を受けていただくために、大学病院などの手術室と同じ衛生環境レベルを維持しています。 口腔外科専門医、指導医、AO Alumni member! 手術によって割引率は異なります。 最新の医療設備を整えお客様をお待ちしております。 骨格を基礎としてお顔全体を改善できるクリニックに。 2割から最大5割引き。 小顔をVライン下顎骨切りで施術される方が大勢いらっしゃいます。 笑うと歯茎が出るのが気になる方へ