歯茎が出る幾つかの原因とその対処法

笑うと歯茎が出ることを、ガミースマイルと呼ぶことがあります。この表情は見た目が悪いため、悩んでいる人も多くいます。これには幾つかの原因があり、原因ごとに改善法があります。まずは骨格に由来したもので、このタイプでは顎が張っているために、歯茎が出てしまいます。次が、歯並びの悪さや、歯茎の過剰な発達が原因となるガミースマイルです。歯茎と歯のバランスが悪く、歯茎が大きすぎると、見えやすくなります。さらに上唇が薄いことによっても生じます。あまりにも薄い場合には、歯茎を隠すことができないことが理由です。また上唇を持ち上げる筋肉が発達しすぎていても笑う度に上唇がめくれてしまい、ガミースマイルになります。この筋肉は上唇挙上筋と呼ばれ、表情が豊かな人は発達している傾向があります。

手術によって改善する方法

顎の骨格が原因で歯茎が出る場合は、美容外科で骨を切る治療法が適しています。上あご骨切り術と呼ばれるもので、骨格を根本的に改善することによってガミースマイルを治します。口腔内の手術となるため、顎に目立つ傷痕が残る心配はありません。また歯並びの悪さが原因の場合は、適切な歯列矯正を行うことで改善されます。歯茎の過剰な発達が原因の場合は、粘膜切除法などの歯茎整形を行って改善します。この方法では、歯茎の周りの粘膜のごく一部カットすることで、これまで見えていた歯茎の部分が目立たなくなります。ただし骨格が原因の場合に、粘膜切除法を行っても効果があまりありません。従って、ベテランの医師による原因の見極めが重要になります。しかし実績のある経験豊かな医師であれば、手術前に丁寧な診断を行うため安心です。

注射をすることでも改善される

上唇が薄いために歯茎が出る場合は、ヒアルロン酸注入によって改善することができます。ヒアルロン酸注入は安全な施術で、この方法によってふっくらした唇になることが期待できます。ただし永久的な効果はないので、再度注入する必要があります。次に、上唇を持ち上げる筋肉が原因の場合は、ボトックス注射を行うことで改善されます。ボトックスは注射を打った部位の筋肉を弱める作用があり、医療の現場でも幅広く利用されている成分です。例えば美容整形の分野では、エラ張りの改善にも使われています。ただし効果には一定の持続期間があり、それを過ぎると元に戻ります。しかしボトックス注射は1回あたりの費用がリーズナブルで、また3か月以上開けて再注入を行うなら、副作用もなく安全です。